水道用語リスト:あんしん給水栓・圧力水頭・青水・アングル型止水栓

修理班

収録水道用語一覧

あんしん給水栓
「あんしん給水栓」とは、日本語で安心して利用できる給水栓のことを指します。給水栓は、水道水を取り出すための設備であり、安心して利用するためには衛生的で安全な設計や機能が重要です。
安心して利用できる給水栓には、以下のような特徴があります。

●衛生面の配慮
給水栓は、飲料水などの使用に関わるため、衛生的な設計が求められます。抗菌処理や清潔に保つための工夫がされています。
●センサー式給水
センサーが付いており、手をかざすだけで自動的に水が出るタイプの給水栓は衛生的であり、手を触れずに水を出すことができるため衛生的です。
●温水・冷水の調節
温水と冷水が利用でき、それぞれの温度を調節できる給水栓は便利で快適です。
●省エネルギー
給水量や温度を効率的に調節する機能があり、省エネルギーであることも重視されます。
●耐久性と安全性
長期間安心して利用できるよう、耐久性が高く、安全性が確保された材料や設計が採用されています。

これらの特徴を備えた給水栓は、安心して利用できるだけでなく、衛生的で快適な利用が可能です。



圧力水頭
「圧力水頭」という用語は、一般的な技術や工学の文脈で使用されることがありますが、具体的な文脈によって異なる意味を持つことがあります。以下に、一般的な意味といくつかの具体的な文脈での解釈を説明します。

●一般的な意味
圧力水頭は、流体力学や液体力学の用語で、液体がある位置から別の位置に移動する際の圧力差を指すことがあります。これは、水や他の液体が管や管路を流れるときに、重力による高低差や圧力差によって流れる速度が変化する現象を説明するために使用されます。
●水力工学
水力工学の文脈では、「圧力水頭」は、水力発電所などで使用される水の高さと速度の組み合わせを指すことがあります。水の高さ(水位)と水の速度(流速)を組み合わせたもので、水車やタービンを回し、発電するためのエネルギー源として重要です。
●建築工学
建築工学の文脈では、「圧力水頭」は、建物内の水供給システムにおいて、水が供給される位置から水道管内での水の圧力を指すことがあります。十分な圧力水頭が確保されていることは、水が適切に供給され、各種水利用設備が正常に動作するために重要です。

したがって、具体的な文脈に応じて、「圧力水頭」は異なる意味を持つことがあります。そのため、用語の使用文脈に注意することが重要です。



青水
「青水」という表現は、通常、日本の一部地域で使用されている地域特有の言葉です。一般的な日本語では、このような表現はあまり一般的ではなく、代わりに「水道水」や「飲料水」などの一般的な言葉が使われます。
「青水」という表現が特定の地域で使用される理由や文化的な背景については、私の知識には詳細が含まれていません(2021年9月までの情報が含まれています)。この表現が特定の地域やコミュニティで広く使用されている場合、それはその地域や文化の独自の言葉や表現である可能性があります。地域によって言葉や表現が異なることは一般的ですが、基本的な意味は通常は「飲用水」ということです。



アングル型止水栓
アングル型止水栓(アングルがたしせいせん)は、日本の住宅や建物で使用される水道設備の一つであり、特定の角度で取り付けられた形状を持つ止水栓(しせいせん)のことを指します。止水栓は、水を止めたり流したりするための装置であり、一般的には台所や洗面所、浴室などで使用されます。
アングル型止水栓は、その名前の通り、角度を持つ形状をしており、一般的に壁面や流し台などに取り付けられます。角度があるため、水の流れや水道管の接続に適した形状となっています。アングル型止水栓は、水道管との接続が比較的簡単であり、使い勝手が良いため、多くの住宅や施設で利用されています。
止水栓は、水漏れや不要な水の出入りを制御する役割を担っており、効果的な水道設備の一部として広く採用されています。


一連の流れ